スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
法務省陳情にゆく
「性暴力禁止法ネットワーク」のメンバー6人で
被害者が時効の制限なく告訴できるように陳情に行く。
私は子どもへの性暴力が、精神的、身体的に受ける打撃と
その後の人生への影響を述べる係り。

はぁ~疲れたァ・・・・・
でもこれは、これからの被害者が
新しい人生を作れるように、法の下の捌きを受けられるような
法律上の新しい道を作る作業。
現在の性暴力の時効は7年。

被害者が、生きる力を蓄えて、サポーターに支えられて
「自分が悪いのではなかった」としっかり人生に刻めるように
私は声をあげたいのです。
自分だけが辛いのではない、被害者はもっとひどい状態にいる
子どもはもっと苦しんでいる
もっと辛い状態に置かれている。
何とかしなくちゃ…
スポンサーサイト
[2009/12/15 19:13] | 平和・人権運動 | トラックバック(0) | コメント(0)
テロリズム
大学院の授業で、チームでテロリズムのレポートを書いた。
9,11以来イスラム社会の事が仕切りと取りざたされたが
個人的にさっぱり・・・で急遽7冊の本を読む。
ふ~ん、世界人口の五分の一がイスラム社会なんだ。
で、13億人のイスラム信者がいる。そっか、そういう背景があったのね。
タリバンも最初は神学生たちが宗教を守る為に立ち上がった集団だった。
タリバンに実際あってみると、ごく普通の市民のおっさんたちで
当たり前のことをする常識人だという、でもそれを言うと必ずタリバン擁護といわれるんだそうな。
勉強になるなぁ。宿題を出されると普段知らない世界への知識が広がってゆく。
これだけでも入学して良かったと思う。いそがしすぎるけど・・・
「収縮する世界 閉塞する日本」村上龍:著 NHK出版
[2009/11/28 22:06] | 平和・人権運動 | トラックバック(0) | コメント(0)
私が苦手なもの
初対面で人に会ったとき
つま先から頭のてっぺんまで
超速で縦に目を動かし値踏みする人がいる。
多分本人は無意識だろうけど・・・・
感じの良いものではない。
だからなるべく自分はそうしない様にしている。

競争意識の高い仕事も人もダメ。基本的には
ネクラオタク系なので(笑)
コツコツと自分の仕事に精を出して
評価される仕事が向いていると思う。
なのになぜ、講師業を始めたのか?永遠のなぞだ!!

暴力をふるわれる人に自尊心の高い人はいない。皆一様にどこかしら
自信なく、生活力のなさから、耐え抜いて夫、恋人にくっついている。
経済力はあっても
自分に自信がないから、キラキラのダイヤを嵌めたり
ブランド物の服をコレクションする。

私が付き合いたいのは、経済力がなくても必死で生き抜いている
善良な女性たちだ。
日本のシングルマザーの約60%が貧困家庭。
その人達のためならひと肌脱ごうと、いつも思っている。
シングルマザーの支援になぜダイヤの指輪が必要なのだろう。

小さな世界で、隣人と競争して優越感を感じる
上辺だけの付き合いはしない。
無駄なエネルギーだ。
自分が嫉妬してどろどろ感じてしまうのもいやだ。

競争意識を助長して、常に人と比べる癖をつけた
「教育の力」の後遺症だけど、自分の精神性に責任を持たず
心の内側を覗かない人も苦手だ。内側を覗けば
そこには思いがけなく未熟で、ええカッコしいの自分がいたとしても
その自分から目をそむけずに、成熟を目指す人が私は好きだ。
だ・か・ら等身大の自分でいいんだよ。

ア~こせこせやめようぜい。
もう考えるのはやめよっと!
もっと宇宙に目を向けてでっかい事をめざそう!


[2009/11/14 16:54] | 平和・人権運動 | トラックバック(0) | コメント(0)
加害者の名称
知ってる?
性犯罪の容疑者は、まだ拘束されていない状態で容疑者。
警察の介入があって、被疑者。
裁判に訴えられて被告人。
有罪が確定すると犯人。
[2009/10/10 20:25] | 平和・人権運動 | トラックバック(0) | コメント(0)
女性差別撤廃条約
子どもの人権条約に気を取られていて
知らなかった。
日本はいまだに女性差別撤廃条約について
延々と国連から勧告されている。
85年に批准して以来だから、なんと男女平等が難しい国なのだろう。
ちなみに国内で使っている字はは女性ではなく、女子。
国連から再三勧告を受けているにもかかわらず
堕胎罪、や賃金の平等是正、など、国際的な環境、風潮とはいいがたい
問題点を抱えている。ちなみに、堕胎は優勢保護法という、障害者団体が聞いたら
頭から火を吹きそうな名称。

「中絶は非合法の国・日本」では、男性は処罰されず、女性と施術者のみ
処罰の対象になる。「私の体は私のもの!」女性が女性として
謳歌できるような条約にしなければ意味がない。

保健、福祉、セクマイ、在日、半差別、日弁連、ゲイジャパンニュース、婚外子差別反対、など
たくさんのNGOが国連にカウンターレポートを出している。が、日本政府は国連の質問に
時間稼ぎをしたり、是正の行動をせず、「同じ意見はもうたくさん、何度も繰り返さないで」
といわれているそうだ。
青少年への性教育も勧告に入っていて、当然の事ながら性暴力の加害者、被害者を防ぐ為にも
子どもの頃からの性教育が大切だと言うことは、先進国の人々に共通の理解だ。
身近なところに、反対する人がいる。なかなかスムースに理解が得られない。

一番のハードルが経済界からの圧迫らしくて、今後反対運動として
政治に圧迫を賭けてくるだろうと予測される。へんな意味での男女平等にされると大変だ。
政権交代で、ちゃんとその辺を見通しながら、性暴力禁止法につながればいいなぁ・・・・

プロライフと呼ばれるのは、堕胎を禁止して生命尊重を訴える人達。
プロチョイスと言うのが、選択的に女が選んでいこうと訴える流派、なんだそうな。
[2009/10/10 20:23] | 平和・人権運動 | トラックバック(0) | コメント(0)
スピリチュアルなティータイム


お砂糖はいくつ?

プロフィール

Author:まみるさん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。