スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
仕事をするということ
誰でもいつでも体調がよいわけではない。
今日、肺炎にかかりかけている仲間が無理を押して一緒に仕事に行く。
すでに名乗りを上げているスケジュールで、簡単に身代わりが見つからない。
本人もそれを覚悟している。
シングルマザーの彼女は自分の信念を簡単には曲げない人だ。
だからこそ仲間として、いとおしいと感じる。
こんな若い仲間がいるから、自分も頑張れる、とも感じる。

社会的に大人、といわれる人は
どんなに気分がすぐれなくても相手との約束を守れる人を言う。
朝早いCAPの仕事は、、相手先に到着する時間を計り
ラッシュの電車にもまれ、それでも自分の信念を届けに行く事だ。

熱く理想論を語り、相手がいれば何時間でも話し続ける人達がいる。
そういう人ほど、イザと言う時には簡単に仕事をやめて行く。
温度が激しければ激しいほど
熱のある人が、ふと病から回復するように
契約を破棄して、あっさりと
周囲の困惑を無視してやめてゆく。

晴れがましさとは無縁の
辛抱強い、忍耐強い
誠実な人が人権運動をやってゆけばいいと思う。
気が会わない人がいてもある意味当然だ。
人は誰しも完璧に優しくなれるわけではない。
でも傍にいて
異質な部分を許す努力を続けてこそ
「共生」を実践できる。
人にもじぶんにも苦しさはあって当然なのだ。

自分の功績を作るために働いているわけではない。
脳貧血でベンチで休みながら学校にたどり着いた朝も
健康保険を払うお金が今月はないなとカラッポの財布を逆さに振ってみた日も
全ては自分の生き方を自分で確かめる作業だった。
自分を信じて、自分を好きだと感じて生きたいのだ。


スポンサーサイト
[2008/09/13 05:01] | 平和・人権運動 | トラックバック(0) | コメント(0)
雨・雨・雨
amehana.jpg
バケツをひっくり返したような雨。
写真は散歩をしぶる犬・・・
[2008/09/01 07:02] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
スピリチュアルなティータイム


お砂糖はいくつ?

プロフィール

Author:まみるさん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。