スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
性暴力禁止法
約1年前から、法制化させようと
有志で勉強会を開いたり、ミーティングを持っている。
昔からの仲間も集まって
なんだか同窓会のようだ。

17年前、当時、
性的虐待を受けた人の自助グループを率いていた。
CAPを始めることになったとき
ワークショップを見学に来た仲間たちから
喧喧号号の批難を浴びた。
いわく・・・嫌といえなくて苦しい思いをしてきた人もたくさんいるのに
なぜ「嫌」といおうと強制するの?

言い方に工夫をしたり
もっと細やかに神経を配ったり
それ以来人の前に立つときには
様々なことを考えながら
言葉の重要性をかみしめた。
今でも、上手く言えないときがあるが
学ぶ事を怠けたりしなければ
もっと上手く表現できると思ってきた。

その仲間が、予防教育分野で
広めたい、一緒に声をあげたいといって
隣にいる。
本当に愉快なことだ。


スポンサーサイト
[2009/03/29 09:01] | 平和・人権運動 | トラックバック(0) | コメント(0)
来賓の祝辞
こんなにびっくり、そして嬉しい祝辞を久しぶりに聞いた。
話し手は、とある大学学長の野田一夫氏。

人生を生きるに大切な事がある。一つ目は
健康である事。ふたつ目は
心にやましいことをしていない事。
三つ目は、自分の天職の職業を持っていること。
四つ目は、物事を完結させるのは好きではないから言わない。
知りたい人は、今発刊されている週刊誌に、自分の対談が載っている。
【多分BOSSだと思う】

志望校に行かれずに、消沈している皆さん!
あなたの志望校の卒業者名簿を見て御覧なさい。
大した人はいない。
どこの大学か、ということより
何を職業をするか、が大切だ。人生において
自分の個性を活かし、社会に貢献できるのは職業をおいてないのだ。

これからの新しい未来に向かって
あなたがどの職業を選ぶか。。。ということこそ
選択できる重要なテーマだ。

というような話。
82歳というご高齢に、まるで若者のような力強さがみなぎり
ユーモアを交え、堅苦しい卒業式の中で
異彩を放っていて、いっぺんにファンになった。
戦中、戦後の日本を生きてきた日本の指導者の姿を
子どもを通じて紹介されて、
当人の子どもには意味ちんぷんかんぷんでも
きっと何かが通じただろう。
嬉しい式典だった。
[2009/03/11 09:53] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
時間が早い!
毎日、ささやかな発見があったり、ささやかな感動があるのだけど
あっという間に時間が流れてゆく。これでいいのか?

完璧主義で理想主義の私は、トレーニングするごとに
もっとゆっくり、慎重に生きて良いのだと気づかされる。
どんなに素晴らしい理想を掲げていても
人の心や価値観を操作できない。
一人一人が、何らかの事件に遭遇したり
苦しみに直面して始めて自分の愚かさや
考えてこなかったテーマに気づかされる。だから・・・・

非暴力の世界を目指すのは
間違っていないけれど、実現には
時間がかかる。その
道のりをもっと噛みしめよう。
落ち着いて、たくさんの飛びすぎるような
出来事を心で感じよう。

明日は娘の卒業式。
浪人が決まってめげている娘は
すっかり赤ちゃん帰りしてすねているけど
それでも、前を向いて歩こう。
守ってあげられる人は私しかいないんだから。
[2009/03/09 09:20] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
チェンジリング
アンジェリーナ・ジョリー主演なので、あまり期待していかなかった。
でも、映画評が良いので、何故だろう・・・・と考えると
隣で見ていた私と同じ位のご婦人は終始ハンカチで
目を押さえながら、見ている。
子どもを失った人(体がそこにないというだけでなく・・・)
子どもに病がある人
離れて住む人
全ての母親には充分訴える内容。

CAPの役割劇で
加害者役の人が言うセリフ
「お母さんが病気で倒れたので、君を探していたんだよ。
すぐに車で行こう!」が、その通りに使われているので
家族、特に母親が子どもにとってどれだけ重要な存在か、ということがわかる。

子どもの生死がわかるまで
家族はず~~っと待ち続けている存在、だというのは
拉致問題の横山さんご夫婦を見ていても理解できる。

[2009/03/06 16:17] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)
スピリチュアルなティータイム


お砂糖はいくつ?

プロフィール

まみるさん

Author:まみるさん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。