スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
勇者列伝
昨日に続き、男性の思い出

私がまだ女子美の学生だった頃
近所の小さなレコード会社でデザインのアシスタントをしていた。
貧しい画学生で、カレーやでアルバイトをしていたところ
デザイナーにスカウトされたのだ。
高田渡、友部正人、加川良、はっぴいえんど、あがた森魚など
地味だけど強烈に若者を刺激したジャンルの音楽だった。
その当時の反戦歌手、グループのディレクターだった三浦光喜さんは
直属の上司ではなかったけれど
デザイナーの高校の同級生らしかった。

その三浦ディレクターは、私の顔を見ると
何とかロマンポルノの映画に出てたでしょ!
いい表情をしてたよ、とかいって
私を当惑させ、ムカつかせるのだったが
ある日、
電話で電報を打った。
普通電報と言うのは
「すぐかえれ」だと
スルメのス、とか言う。
三浦さんは、何を思ったか電話交換手のオペレーターに
「富士山のへ!」といって事務所中の人の爆笑を買った。

もしも富士山がおならをしたら
静岡はもちろんのこと東京の私達も
爆発的に甚大な被害を浴びる。
たまったもんじゃない。
メタンガスがあちこちに発生して爆発が起きる。
都市機能は破壊される、えらいこっちゃ。

というわけで皆に人望があり
当時かみの毛を長くして
ジージャンを来て少しヒールの高い靴を履いた
おじさんは今頃どうしているのだろう?
スポンサーサイト
[2009/09/26 19:11] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
K先生の授業
K先生の授業を受けている。学部の男の子たちには人気の教授だ。
インテリジェンスが服着て歩いているようなお方。誰かが言っていたけど
「ジェームス・ボンドに似ている」「え?そおぉ?」

隠れファンは女性にもいて、教授目指して大学院にきたそうな。
なるほど、授業は魅力的。言葉の分析から語源調べ、はては
神話に由来するちょっとしたネタ。美術にまで話題は尽きない。
ア~私なぜ女子美を中退したんだろ。
あ~もっともっともっと
若いうちに授業を受けたかった。
言葉の裏側の深く意味のある成り立ちや
心理と美術の融合した授業をずっと待ちわびていた。
若い頃から勉強するってほんとに必要だな
積みあげたものが、歳月を経て大きくその人の自信になり
血や肉を作る。
私なんてもの知らずなんだろと悔やまれる・・・・

今度もう少し時間が出来たら
今度は是非どこかの講座で
小説の作り方を学びたい!!

なぜこの話がスピリチュアルなのか?
言葉の裏側には、土俗の民間伝承や神話に深い意味がある
・・・と言うわけです。
[2009/09/24 20:57] | スピリチュアリズム | トラックバック(0) | コメント(0)
秋の河川敷
久しぶりにハナコと河原に行く。
秋草の背の高い中に
真っ赤な彼岸花の群生がある。
夕方の陽射はまだ強くて暑いけれど
すぐに涼しい風が吹く。

良い場所に住んでるなぁ~♪
蟋蟀もカネタタキもうるさくさえずる中で
食欲ばかり健全!
夜、なんかないかナと冷蔵庫をあさって
ナッツの袋をみつけてもぐもぐする。もう一回と
口にほおばると、うん?なんかおかしい。
見るとドッグフードの袋からまちがえて食べちゃった。
味は淡白。でも匂いがすごいの~~
[2009/09/20 22:08] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
頼もしい人達
PEACE暴力防止トレーニングセンターは、私が代表として
運営するNPOなのだが、事務局のSさんがいるから
持っているといっても過言ではない。外に出て
華々しい立場に立つわけでもなく、黙々と事務所を
時間より早く開けて、気持ちの良い電話の対応をしてくれている。
何かを頼まなくても敏感に察してくれたり
会計からスケジュール調整までかいがいしく働く人へ
満足な手当ても払えないのは、本当に心苦しい。

小さな子どもを抱えていたり
他のスケジュールを調整して朝早いCAPに出向いたり
地道で正直なスタッフたちによって支えられている。
ホントうにありがとう!
[2009/09/12 17:36] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
スポンジ
もう1年の三分の二が過ぎてしまった!
朝の犬の散歩に出ると、すっかり涼しい風。

これから何ができるかな?
年齢ではない、もう築きあげたから・・・ではない。
もっと新しい事ができるはず。もっと人生を意味深くできるはず。
自分にはどんな可能性があるか、考えよう!
臨終の瞬間に(良く生き切った)と、満足できるように
働きかけよう、言葉を持たない人のために
行動できない人の代わりに

先日、養護学校に人権研修に仕事に行ったら
(自分を台所用具の名にたとえるか)というテーマに
「汚れてクタクタになるまで、自分は周囲の汚れを吸いきる
スポンジになりたい」と話してくれた女性の先生がいらっしゃった。

勇気づけられるなぁ~!!
この仕事の冥利の瞬間でもある。
私も身習おうっと・・・・
[2009/09/06 08:47] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)
スピリチュアルなティータイム


お砂糖はいくつ?

プロフィール

Author:まみるさん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。